注目キーワード
  1. ファーウェイ
  2. スマホ
  3. OS

【ファーウェイ 沿革】ファーウェイの歴史

huawei

Huawei is a leading global provider of ICT infrastructure an…

日本語の公式サイトにも年表はありますが、日本語訳が不自然なところと

2016年で年表が止まっているということで

作り直した記事です。

黎明期

1987年

深センに構内交換機(Private Branch Exchange;PBX)スイッチを製造する香港企業の販売代理店として設立

PBX
構内交換機(こうないこうかんき)とは、公衆交換電話網に多数の構内電話機を接続する電話交換機の事である。一般的にPBX(英:Private Branch eXchange)という略称が用いられる事が多い。回線切替機、内線集約装置、内線交換機とも呼ばれる。公衆回線に接続されず、内線電話同士での通話のみを目的とした構内交換機に限定して、PAX(英:Private Automatic eXchange)と称する場合もある。(wikipedia)

1990年

ホテルや中小企業を対象としたPBX技術の独立した研究と商業化に着手

1992年

研究開発を開始し、地方のデジタルスイッチングソリューションを開始

1995年

主に中国の農村市場に由来する、15億人民元の売上高を生み出す

1997年

ワイヤレスGSMベースのソリューションを発表
1998年に中国の大都市圏に拡大

GSM
GSM(英: global system for mobile communications)は、FDD-TDMA方式で実現されている第2世代移動通信システム (2G) 規格である。GSMは世界のほとんどの国・地域で使用されているが、日本、韓国、ツバルでは使用されていない。 2008年現在、世界の携帯電話端末市場の82%はGSM方式であり、携帯電話方式の中で最も使われている。世界の212ヵ国で約20億人が利用している。電波の利用効率が悪いことを問わない、中古インフラや中古端末が安価であることから、発展途上国では主流である。(wikipedia)

1999年

インドのバンガロールにR&Dセンターを設立し、2001年にCMMレベル4認定、2003年にCMMレベル5認定を取得

CMM
能力成熟度モデル統合 (のうりょくせいじゅくどモデルとうごう、英: Capability Maturity Model Integration, CMMI) は、組織がプロセスをより適切に管理できるようになることを目的として遵守するべき指針を体系化したものである[1] 。 平易な言い方をすると、ソフトウェア開発組織及びプロジェクトのプロセスを改善するために、その組織の成熟度レベルを段階的に定義したものである。 CMMIは、もともとは能力成熟度モデル (CMM; Capability Maturity Model) として開発された。

2000年

スウェーデンのストックホルムにR&Dセンターを設立
国際市場から1億米ドルの売上

2001年

非中核子会社であるAvansysを7億5,000万米ドルでEmersonに売却
米国に4つの研究開発センターを設立
国際電気通信連合(ITU)に参加

2002年

国際市場の売上高が5億5200万米ドルに達する

2003年

エンタープライズデータネットワーキングソリューションに焦点を当てた3Comとの合弁会社を設立

2004年

Siemens(ジーメンス;日本語読みシーメンス)との合弁会社を設立し、TD-SCDMAソリューションを開発
オランダのオペレーターであるTelfortとの2500万米ドルを超える価値のあるヨーロッパでの最初の重要な契約獲得を達成

TD-SCDMA
TD-CDMA(てぃーでぃーしーでぃえむえー、Time Division – Code Division Multiple Access)は日本語で時分割複信 – 符号分割多元接続と訳される無線通信方式である。慶應義塾大学の中川正雄が開発したIMT-2000規格の一つ。データ通信で周波数帯域をより効率的に利用できるとされている。

TD-SCDMA
TD-SCDMA (Synchronous CDMA) とは、中国・電信科学技術研究院、ドイツ・シーメンスなどが開発。移動局間を同期方式とし、より高速な通信が可能とされる。中国移動の村村通プロジェクトで使用されている。2009年には、中国移動で商用化サービスが開始された。

当方式の系譜に続くとされる3.9G世代では、TD-LTEと呼ばれる方式で策定を検討されている。(wikipedia)

過渡期

2005年

国際契約注文が初めて国内販売を上回る
通信機器サプライヤーとして最適な会社であると考えたボーダフォンを選び、グローバルフレームワーク契約を締結
マルチサービスネットワークアクセス(MSAN)コンポーネントと光伝送機器を提供するために、21Century Network(21CN)サプライヤーとしてBritish Telecom(BT)を選ぶ

2006年

H3Cの49%の株式を8億8000万米ドルで売却
UMTS技術を開発するためにモトローラと上海を拠点とする共同研究開発センターを設立
そこでの新しいビジュアルアイデンティティ(VI)の導入
新しいVIは、

  • 顧客重視
  • 革新
  • 着実かつ持続可能な成長
  • 調和

というファーウェイの企業原則を反映

2007年

ストレージおよびセキュリティアプライアンスを開発するために、Symantecとの合弁会社を設立
エンドツーエンドの海底ネットワークソリューションを提供するために、GlobalMarineとの合弁会社を設立

2007年末ヨーロッパのすべてのトップオペレーターのパートナであるボーダフォンが2007年グローバルサプライヤー賞を受賞。

この特定の称賛を授与された唯一のネットワーク機器サプライヤーがファーウェイ

TCOの節約からエネルギー消費の削減まで、通信事業者に明確なメリットを活用するように設計されたALL IPFMCソリューション戦略を発表

TCO
TCO (total cost of ownership) とは「総保有コスト」のことで、ある設備などの資産に関する、購入から廃棄までに必要な時間と支出の総計。

予算を作成し要求する際、ランニングコスト(保守・運用・維持等のための費用、例として設備・システムなどのメンテナンス、有償の更新、管理のための人件費、光熱費など)として必要になる経費を考慮に入れず、初期投資額(イニシャルコスト)だけに注目しがちである。 TCOはそれらをトータルに含めた経費で、実際に支出すべき金銭の全額にあたる。 また顧客に対して、一部の製品・サービスのコストアップがあったとしても、全体の生産活動ではコストダウンになるという事を指す。(wikipedia)

2008年

ブルームバーグ ビジネスウィークが世界で最も影響力のある企業の1つとして認識
Informaによりモバイルネットワーク機器の世界市場シェアで3位

TELUSおよびBell Canada向けのような北米でのUMTS / HSPAの大規模な商用展開
2,000万台以上を出荷したモバイルブロードバンドデバイスでABIにより1位
WIPOの特許協力条約(PCT)に基づく最大の出願企業であり、2008年に1,737件の出願が公開

2008年期においてファーウェイが世界中のLTE特許の10%を占有

ブルームバーグ ビジネスウィーク
世界の企業のブランド価値をランキングするトップブランド・ベスト100(英語名The 100 Top Brands)を毎年発表し海外では非常に有名である。他にも、世界の革新的な企業をランキングするビジネスウィーク・革新的な企業ランキングを発表している。(wikipedia)
UMTS / HSPA
ユニバーサル移動体通信システム(ユニバーサルいどうたいつうしんシステム)、Universal Mobile Telecommunications System(UMTS)は第3世代 (3G) 移動通信テクノロジーの1つであり、同時に4Gテクノロジーに発展しつつある。
HSPA (High Speed Packet Access) は、W-CDMAを拡張した高速パケット通信規格である。第3世代移動通信システム (3G) に対して、第3.5世代移動通信システム (3.5G) と位置づけられている。(wikipedia)

2009年

無線アクセス機器の世界市場シェア2位
ノルウェーのオスロにあるTeliaSonera向けに世界初のLTE / EPC商用ネットワークを提供することに成功

ルーターから伝送システムまで、世界初のエンドツーエンド100Gソリューションを発表
IEEE Standards Association(IEEE-SA)から「2009CorporateAward」を受賞

新興市場での業績と貢献により、FinancialTimesのArcelorMittal Boldness in Business賞を受賞し、FastCompanyによって世界で5番目に革新的な企業にランク付け

ファーウェイの主要製品によってリソース消費量を前年比で20%以上削減
世界中の代替エネルギーを利用した3,000を超える場を展開

2010年

80を超えるSingleRANネットワークを展開し、そのうち28は商用LTE / EPCネットワーク
英国にサイバーセキュリティ評価センターを設立

中国工業情報化部(MIIT)と自主的なグリーン協定を締結
国連デジタル開発のためのブロードバンド委員会に参加

エコノミストから「2010CorporateUse ofInnovationAward」を受賞

2011

GigaSiteとソリューションU2Netアーキテクチャを発表

20のクラウドコンピューティングデータセンターを構築

約2000万台のスマートフォンを出荷

HuaweiSymantecのSymantecの株式を5億3000万米ドルで取得

2012年に研究所を設立

HUAWEISmartCareサービスソリューションを開始

LTEのトップ6賞を受賞

シマンテック
ノートンライフロック(英: NortonLifeLock)は、1982年に設立された、アメリカ合衆国アリゾナ州にあるソフトウェア会社である。旧社名はシマンテック。日本法人は1994年(平成6年)設立の株式会社ノートンライフロックである。(wikipedia)

発展期

2012年

グローバル化された事業を継続的に推進

ヨーロッパへの投資を強化し、イギリスへの投資を増加

フィンランドに新しいR&Dセンターを設立

フランスとイギリスに現地の取締役会(BOD)と諮問委員会を設立

3GPP LTEコア仕様標準アプリケーションの20%に貢献

業界初の400G DWDM光伝送システムを発表し、IP分野で業界最大の容量を持つ480Gラインカードを発売

クラウドコンピューティングで33か国の顧客と提携し、世界最大のデスクトップクラウドを構築、このクラウドには毎日約70,000人の従業員が仕事に使用

Ascend P1、Ascend D1 Quad、Honorなどのミドルレンジおよびハイエンドのフラッグシップスマートフォンを発売し、先進国で販売が急増

2013年

ロンドンにFinancialRisk Control Center(FRCC)を設立し、グローバルな財務リスクを管理し、財務業務の効率、安全性、および標準への準拠を維持

ヨーロッパロジスティクスセンターをハンガリーで正式に稼働し、ヨーロッパ、中央アジア、中東、アフリカの各国をカバー

欧州連合が開始した5Gプロジェクトの主要なファシリテーターであり、イギリスの5Gイノベーションセンター(5GIC)の創設メンバーとして、5Gホワイトペーパーをリリースし、グローバルな5Gエコシステムを積極的に構築し、緊密に協力して世界中の20以上の大学と共同研究を実施

将来のワイヤレステクノロジー、業界基準、および業界チェーンの開発に貢献する上で積極的な役割を達成

当社の商用400Gルーターソリューションは49の顧客に認められ、大規模な商用利用が可能になる

 

バックボーンルーター用の1Tルーターラインカード、​​超大容量40T WDMプロトタイプ、および新しいAOSNアーキテクチャを最初に発売

ファーウェイは世界中の商用LTE展開のリーダーであり続けた。ファーウェイのソリューションは、100を超える首都と9つの金融センターに導入されている

世界初のサービスおよびユーザーエクスペリエンス中心のアジャイルネットワークアーキテクチャと、この種では初めてのアジャイルスイッチS12700を発表

これらの製品は

  • クラウドコンピューティング
  • Bring Your Own Device(BYOD)
  • ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)
  • モノのインターネット(IoT)
  • マルチサービスサポート
  • ビッグデータ

などの新しいアプリケーションに最適

 

消費者中心のアプローチと「Make it Possible」ブランド提案を保守することにより、品質戦略に引き続き注力

ファーウェイの主力デバイスであるAscendP6は、ブランド認知度と利益の両方の点で並外れた結果を達成

スマートフォン事業は歴史的な躍進を遂げ、世界のトップ3にランクイン。当社の携帯電話の世界的なブランド認知度は、年間110%増加した

2014年

9カ国に5G技術研究開発センターを設立。

2014年末現在、400Gコアルーターを使用して世界で186の商用ネットワークを構築

2014年末の時点で160を超えるクラウドデータセンターを構築し、それを含めた480を超えるデータセンターを構築

45のグ​​ローバルトレーニングセンターを運営し、その中で20を超えるサービスオペレーションセンター(SOC)をグローバルに運営

177の標準およびオープンソース組織に参加し、183の重要な役職を歴任しました。

2014年、Huaweiは7,500万台以上のスマートフォンを出荷

2015年

世界知的所有権機関(WPIO)の統計によると、2015年にHuaweiは3,898件の出願で2年目のトップの特許出願人であり続けた

ファーウェイのLTEネットワークは、140を超える首都をカバー

400を超えるLTE商用ネットワークと180を超えるEPC商用ネットワークを展開

光伝送分野において、ファーウェイはヨーロッパのオペレーターと提携して世界初の1T光伝送ネットワーク(OTN)を構築し、BTと協力して、業界最速のライブネットワークでの3 Tbit / s光伝送のテストを完了

世界初のSDNベースのアジャイルIoTソリューションを発表

Huaweiは、x86オープンアーキテクチャで実行される32個のソケットを備えた世界初の小型サーバーであるKunlunを発売

 

2015年、1億台以上のスマートフォンを出荷

 GFKによると、Huaweiは2015年の世界のスマートフォン市場で3位にランクされ、2015年の中国のスマートフォン市場での市場シェアでは1位にランク

GFK
GfK(独:ゲーエフカー、英:ジーエフケイ)SEは、ドイツに本拠を置く、世界トップクラスのマーケティングリサーチの企業。

2016年

ファーウェイは、170を超える国と地域で1,500を超えるネットワークの安定した運用をサポートしており、世界の人口の3分の1以上にサービスを提供している。

 

また世界中で60を超える4.5Gネットワ​​ークを展開

当社のWTTxワイヤレスホームブロードバンドソリューションは、3,000万世帯以上にサービスを提供しており、100か国以上に190を超えるモバイルバックホールネットワークを展開

ファーウェイは、世界中の商用クラウドネットワークに関連する170を超える契約に署名VoLTEおよびVoWiFiソリューションは、世界中の110のネットワークに導入

デジタルサービス用のクラウドサービスプラットフォームは4,000以上のパートナーを取り入れ、600,000以上のデジタルコンテンツとアプリケーションを提供

 

ファーウェイは500を超えるパートナーと協力して、130を超える国と地域の顧客にクラウドコンピューティングソリューションを提供し、200万を超える仮想マシンと420のクラウドデータセンターを提供

ファーウェイのスマートシティソリューションは、40か国以上の100を超える都市で使用。ファーウェイは中国のスマートシティに関する9つの国家基準の起草を主導し、80を超える国と地域の200を超える都市で8億人を超える人々にサービスを提供

金融分野

ファーウェイのオムニチャネルバンキングソリューションは、世界の上位10行のうち6行を含む300を超える金融機関にサービスを提供

エネルギー分野

ファーウェイのベターコネクテッドスマートグリッドソリューションが65か国に導入され、電力セクターの170を超える顧客にサービスを提供

輸送分野

60を超える業界パートナーと協力して、22万kmを超える鉄道と高速道路、および年間交通量が3,000万人を超える15を超える空港で構成されるネットワークにデジタル都市鉄道とスマート空港ソリューションを提供

 

2016年のスマートフォン出荷台数は2015年比29%増の1億3,900万台で、5年連続で着実な成長

ファーウェイの世界のスマートフォン市場シェアは11.9%に上昇し、世界のトップ3プレーヤーの1つとしてのランキングを確固たるものにしている

2017年

消費者ビジネス:

世界クラスのスマートデバイスブランドの構築

HuaweiブランドとHonorブランドの間に相乗効果が生まれ、どちらも消費者の忠誠心が着実に高まり、市場の急速な成長に関連。 2017年、ファーウェイは合計1億5300万台のスマートフォン(Honorを含む)を出荷し、世界市場シェアの10%以上を確保。世界の電話メーカーのトップ3に確固たる地位を築いており、中国のマーケットリーダーであり続けている。

HUAWEI Mate10:

人工知能(AI)チップセットが組み込まれた最初のスマートフォンであるHUAWEI Mate10をリリース。この画期的なデバイスにより、AIの力を解き放ち、消費者に真にスマートなスマートフォンを提供。

当社のグローバルブランド認知度は、2016年の81%から2017年には86%に増加。中国以外の市場でHファーウェイデバイスを検討している消費者の数は、前年比で100%増加し、このカテゴリーで初めてとなるグローバルベンダーのトップ3にランクイン。

Huawei Cloud:

オープンで信頼できるクラウドプラットフォームの構築

2017年、ファーウェイはクラウドビジネスユニット(BU)を設立。 2017年末現在、Huaweiのクラウドサービスポートフォリオは、14の主要カテゴリにわたる99のサービスで構成されている。さらに、

製造、ヘルスケア、eコマース、コネクテッドカー、SAP、HPC、IoTアプリケーション

向けに50を超えるソリューションを立ち上げた。

またエンタープライズインテリジェンス(EI)プラットフォームを正式に立ち上げた。このプラットフォームは、ファーウェイの長年にわたるAIの専門知識とAIのベストプラクティスをエンタープライズアプリケーションシナリオと組み合わせて、企業のお客様にサービスとしてワンストップAIプラットフォームを提供。

共有された成功で繁栄するオープンで協調的なクラウドエコシステムを構築し続けている。クラウドサービスパートナーの総数は、共生関係を築いた4つのパートナーを含め、2,000を超えている。

2018年

初めて年間売上高が1,000億米ドルを超える。

ファーウェイのスマートフォンの年間出荷台数(Honor電話を含む)は2億台を超え、世界のトップ3プレーヤーの1つとしての地位を確固たるものにしている。

Fortune Global 500企業のうち211社(うち48社はFortune 100企業)は、デジタルトランスフォーメーションの代表企業としてファーウェイを選択。

ファーウェイの5Gは、大規模な商用展開を開始。あらゆるシナリオ向けに設計された世界初のAIチップシリーズであるAscendシリーズのチップと、これらのチップを搭載した新製品とクラウドサービスを発表。

HAI戦略とフルスタックの全シナリオAIポートフォリオをリリースし、AIポートフォリオを全クラウドネットワークアーキテクチャと組み合わせて、自動運転ネットワークの構築を支援。

スマートフォン向けの次世代AIチップであるKirin980をリリース。

ファーウェイは、基礎研究と探査への献身的な取り組みが認められ、符号コードの父であるエルダルアリカン博士に賞を授与した。

3GPP標準に基づいて開発された、エンドツーエンドの5G製品およびソリューションの全範囲を発表。

2019年

商用5Gサービスを開始した世界中の35の通信事業者が、ファーウェイの5GのネットワークソリューションのB.E.S.Tを実装。 

HuaweiとHonorのスマートフォンは合わせて世界市場シェアの17.6%を占め、世界第2位のスマートフォンブランドとしての地位を維持しました(IDCのデータ)また、5Gスマートフォンで最大の市場シェアを獲得しました(StrategyAnalyticsのデータ)。

700を超える都市と228のフォーチュングローバル500企業(うち58はフォーチュン100企業)は、デジタルトランスフォーメーションでファーウェイと提携しました。

HUAWEI CLOUDは200を超えるクラウドサービスと190のソリューションを提供し、300万を超えるエンタープライズユーザーと開発者がHUAWEICLOUDを使用して製品とソリューションを開発

 

ArmベースのCPU、Kunpeng 920、およびKunpeng920を搭載したTaiShanシリーズサーバーとクラウドサービスを発売

 

AIネイティブデータベースであるGaussDBと、業界最高のパフォーマンスを発揮する分散ストレージであるFusionStorage8.0を発表

 

コンピューティング業界の探求の時代の到来を告げるコンピューティング戦略を発表

世界で最も強力なAIプロセッサであるAscend910と、すべてのシナリオのAIコンピューティングフレームワークであるMindSporeを発売。また、世界最速のAIトレーニングクラスターであるAtlas 900と、HUAWEI CLOUD Ascendベースのクラスターサービスも開始

ファーウェイは、アップストリームおよびダウンストリームのパートナーと協力して光ネットワーク業界を再定義することを目的とした、インテリジェントOptiXネットワーク戦略を発表

複数のデバイスで実行できるインテリジェントな分散型の次世代オペレーティングシステムであるHarmonyOSを発表。 HarmonyOSは、​​デバイス全体の消費者にシームレスなエクスペリエンスを提供し、すべてのシナリオでインテリジェントな時代のオペレーティングシステムの新しい要件を満たす。

 

世界中の開発者にHMSを公開し、アプリの革新とエコシステムリソースの共有のためにHMSエコシステムにすばやく便利にアクセスできるようにしました。 HMS Coreは、世界中で55,000を超えるアプリを統合。

AppGalleryは、170を超える国と地域で利用可能であり、月間4億人を超えるアクティブユーザーを魅了。 AppGalleryで提供されるアプリの数は増え続けている。

B.E.S.T
Business, Evolution, Service, Transformation
HMS (Huawei Mobile Services)>AppGallery
アクティブユーザーは4億9000万人

アプリのダウンロード数は2610億回数

加えてアプリの開発者も180万人

2020年

170を超える国と地域にわたる1,500を超えるキャリアネットワークの安定した運用をサポート。大都市での5Gネットワ​​ークの経験に関する複数のサードパーティのテストレポートは、Huaweiの5Gネットワ​​ークをトップにランク付け。

世界中の3,000以上のイノベーションプロジェクトに参加し、キャリアやパートナーと協力して、20以上の業界にまたがる1,000以上の5GtoBプロジェクト契約に署名。

 

革新的なAirPONソリューションにより、ワイヤレスサイトと光ファイバーリソースを活用して、サイトの取得をはるかに簡単にし、ホームネットワークの迅速なカバレッジをサポート。世界中の30以上のキャリアによって商業的に展開。

 

RuralStarシリーズソリューションにより、60を超える国と地域の遠隔地に住む5,000万人を超える人々にモバイルインターネットサービスを提供。

2020年末までに、Huaweiは30,000以上のパートナーと協力して、22,000以上の販売パートナー、1,600以上のソリューションパートナー、5,400以上のサービスおよび運用パートナー、1,600以上の人材アライアンスを含むエンタープライズ市場にサービスを提供。

ファーウェイはパートナーと協力して、政府、公益事業、運輸、製造、エネルギー、金融、ヘルスケア、科学研究などのセクターをカバーする600以上のシナリオでIntelligentTwinsを調査および適用をした。

 

40万人以上のエンジニアがHuawei認定を取得し、そのうち13,000人以上がHuawei Certified ICT Expert(HCIE)認定を取得しており、世界中の業界のデジタル化をサポートする貴重なリソースプールを提供している。

 

ファーウェイによって構築されたネットワークは、LTE / 5Gネットワ​​ーク評価における多くのキャリアのクラス最高のパフォーマンスに役立つことが証明されている。5GRANおよびLTERANのGlobalData評価のすべての基準カテゴリで1位にランクされ、再びリーダーに指名される。

PowerStarソリューションは、中国全土の40万以上のサイトで商品化され、顧客が毎年2億kWhの電力を節約できるようにしている。

HUAWEI CLOUDについて、220以上のクラウドサービスと210のソリューションを立ち上げ、世界中で80を超える業界で認められたセキュリティ認証を取得。 19,000以上のパートナーと協力し、160万人の開発者を集めた。 HUAWEICLOUDマーケットプレイスで4,000以上のアプリケーションがリリース。

 

世界中で10億を超える接続されたファーウェイデバイスと、7億3000万を超えるファーウェイスマートフォンユーザーを達成。

世界中で120,000以上のアプリがHMSCoreと統合。

中国以外の30万人の開発者を含む、世界中で230万人以上の登録開発者。中国以外で2020年にAppGalleryでリリースされたアプリの数は、2019年の10倍以上だった。

HMSは現在、世界で3番目に大きいモバイルアプリエコシステムである。

最新情報をチェックしよう!