注目キーワード
  1. ファーウェイ
  2. スマホ
  3. OS

【一人暮らし 男料理 初心者】「回鍋肉」も作って料理のレパートリーを増やそう!

この「一人暮らしの料理ノウハウッ」では

実際に筆者が

初めて一人暮らしを行い、

はじめて自炊する過程

感じたタメになる事柄について紹介していきます!with ファーウェイスマホです

三回目は「回鍋肉」です。

「Cook Doは控えめに言って神」

前回のカレーの説明書きよりも

Cook Doではより詳細に表記されています!(パッケージが汚れているのは闘った証拠です)

この回鍋肉料理で必要な具材は

  • キャベツ
  • もやし
  • 豚肉

です。ピーマンは筆者の家になかったので割愛しました。

ここでは

一人暮らしで二食分の回鍋肉を作ります。

またcook doより詳しく説明します。

キャベツの芯を切り取ろう

筆者は半玉キャベツを用いました。一玉だと大きすぎて残ってしまう可能性があるからです。

キャベツの芯を取ります。

下の写真のように

△三角形の形に包丁を加えます。

この半玉状態でもやや大きいので

ここからキャベツを半分にしても構いません。

片割れはラップ入れて冷蔵庫にイン!早めに食べましょう。

次!

ランダムに下の写真のキャベツくらいの大きさになるまで

ザクザク切ってください。誰も切り方を咎めませんよ!安心してください!

切り終わったら

油を敷いて切ったキャベツを投入します。

もやしも入れておきましょう!

具材を入れて炒め直後です。

強火(着火つまみ最大を100%として、80%~100%に調節)で炒めます

この下の写真くらいになったら回収します。

ところどころに色が変化した部分が現れるくらいですね!

回収したら皿に盛っておきましょう。

豚肉を調理しよう

次に豚肉を切ります。

豚肉を取り出し、伸ばします

この豚肉を5cmくらいに切っていくのですが、

筆者の使用しているような包丁では、スパッとは切ることができません。

包丁の先端では切れませんでした(体験談)。

 

包丁の赤く色をつけた部分付近で

押して切るイメージです。

5cmくらいのパーツに切ることができました。

残りの肉も同様に切っていきましょう!

次に

豚肉を焼きます。油を再び敷いて

中火(着火つまみ最大を100%として、50%~70%に調節)で焼きます

焼肉と同じ要領で

十分火が通ったなと思ったら、

いったん火を止めて

回鍋肉の素を加えて混ぜます。

こんな感じですね。

先ほどの皿に盛っておいた野菜たちをここに投入します!

そして

中火で1~2分和えます!

完成!

二食分作ったので

半分はタッパーに入れて、冷蔵庫にインしておきましょう。

冷蔵庫に入れた回鍋肉は

電子レンジ500W 1.5~2分で再生します。時間は各自で調節してください。

一食当たりの食費

金額 使用量 1料理あたり 1食あたり
コメ(無洗米5kg) ¥1,800 1合(150g) ¥54
緑豆もやし 250g ¥28 5分の1 ¥6
回鍋肉の素 ¥101 全量 ¥101
国産バラ肉 ¥502 4分の1 ¥125
春キャベツ ¥99 2分の1 ¥50
合計 ¥336 ¥168

*わかりやすくするためガス代と水道代、電気代やジップロック代などは含まれておりません。

一食当たりの食費は

168円

参考までに

  • 調理時間 15~25分
  • 後片付け 5~10分

 

今後もこのように

はじめての自炊の体験談を紹介していきます!

それでは

Go My Way ! HUAWEI !

最新情報をチェックしよう!