注目キーワード
  1. ファーウェイ
  2. スマホ
  3. OS

【ファーウェイ】ファーウェイ社のエネルギー削減方法がハイテクすぎてスゴい!

こんにちは!yuyaです。

今回はファーウェイの本社や工場でのエネルギー使用量を減らす方法の一つについて

語っていきます。

本社

モーションセンサー点灯・消灯

人物の有無で

ライトが自動的に点灯したり消灯したりします。

例えば

人が進もうとする方向に向かって電気が続々と点灯し、

人がフェードアウトする方向で電気が次第に消灯することで

いきなり点灯・消灯しないので目がくらまないです。

明るさ・温度感知センサーを利用したブラインド

明るさや温度を感知してブラインドが自動的に開閉します。

明るすぎるとブラインドが閉じ、

暗すぎるとブラインドが開くといった具合ですね。

空調自動制御システムと氷を使った効率的冷却方法

ファーウェイキャンパス内では全エネルギー消費量の35%を空調が占めています。

そこで13ヶ所のファーウェイキャンパス内で

稼働中の空調自動制御システムは

働く人々の周辺環境の温度や湿度を解析し、予測します。

この空調自動制御システムによって

空調によるエネルギー消費量の15%を節約することができました。

写真はイメージです

またHuawei Ox Horn(広東省 東莞市(とうかんし))キャンパス内では

工場稼働用に、3つのエネルギーコントロールセンターが設けられています。

ここでは

氷を製造する製造装置、水を流す循環装置、貯蔵するためのタンクが備えられています。

比較的電気を使用しない、夜に氷を製造し、蓄えておきます。

気温が上昇し、エアコンを使用する日中に

水を循環させることで氷を溶かし、

吸熱反応を活かしてエアコンの空気を効率的に冷却します。

ファイブチェックの徹底

また働いている人に以下のファイブチェック(5つのチェック項目)を徹底しています。

窓やブラインドを閉める

電気を消す

ドアを閉める

空調をとめる(自動化されていない空調)

電化製品の電源を落とす

以上のことを実施することで

ファーウェイキャンパス内でのエネルギー消費量を年間3%削減することができました。

ファーウェイのエネルギーキャッチコピー

ファーウェイはエネルギー問題を考える際にこのような言葉を用いています。

tech care for Earth (テクノロジーを地球のために)

以下は筆者の考えですが、

take care(ケアを施す)とtech careをかけたキャッチコピーであると推察されます。

人類中心にテクノロジーを使うのではなく、

地球を意識し、配慮しているところが素晴らしいですね!

私たちもファイブチェックのような小さなエネルギー削減から意識していきましょう!

それでは

Go My Way ! HUAWEI !

最新情報をチェックしよう!