注目キーワード
  1. ファーウェイ
  2. スマホ
  3. OS

【寒川町 魅力】寒川町を自転車でめぐる旅【お土産も!】

寒川町寒川駅

こんにちは!yuyaです。

今回はファーウェイスマホと行く

寒川町の旅行記について

記事にしました!

今回訪れたのは

神奈川県寒川町

JR相模線 茅ヶ崎駅から二駅で行くことができます!

JR寒川駅から降りた際に、最初に見る光景です。

ロータリーの中心に時計台

そこに表記されているのは寒川町と言ったら欠かすことができない

寒川神社

ただ筆者は自転車で寒川町に来たので、相模川の上の橋を渡って寒川町の寒川駅に行きました。

ノスタルジックですね

さむかわ中央公園

筆者が

寒川駅の次に訪れたところは

さむかわ中央公園

このさむかわ中央公園には

寒川町観光マップがあります。

筆者は4月末に訪れたので

残念ながら桜の時期は終わってしまっていましたが、

  • 春にはお花見
  • 春分の日・秋分の日には(天気が良ければ)ダイヤモンド富士
  • 冬には冬のヒマワリ

など季節ごとに異なった風景が楽しめるので、また違う時期に訪れようと思います。

 

さて「さむかわは いつだって 花盛り」

さむかわ中央公園手前の池には

綺麗なハスの花が咲いていました。(ファーウェイスマホのアパーチャー機能使用)

川のせせらぎ

この公園内には

ひときわ目につく場所にBMX練習場があります。BMX練習場がある公園は珍しいですよね!

畠山紗英選手の東京2020オリンピック競技大会代表候補内定を祝して、

町内4箇所に横断幕及び懸垂幕を設置しましたので、みなさん是非ご覧ください。

寒川町出身のBMXの現役レーサーである畠山紗英選手を町全体で応援していることがわかります。

公園内の中心付近からの撮影です。

写真奥に見えるのが体育館

上と同じ場所から振り返って撮影した写真です。ノスタルジックですね。

同じ場所から右に向いて撮影した写真です。広い場所があり、子どもと遊ぶのにはぴったりの場所ですね

寒川神社

さむかわ中央公園に別れを告げて

筆者が次に向かったのは

寒川神社

おそらく

寒川町の名前の由来となったものが

寒川神社です。

寒川神社は、古くから関八州鎮護の神としてこの地方の名祠とあがめられています。具体的な創祀年代はわかっていませんが、総国風土記によると約千六百年前、雄略天皇の御代に幣帛を奉納せられたとあります。関八州とは、江戸時代における関東八カ国のこと。当時既に関東全域において、著名な神社として知られていたと考えられます。

寒川神社公式サイト

御由緒についてご案内します。古来唯一、八方除の相模國一之宮 寒川神社公式サイトです。寒川神社は、古くより八方除の守護神と…

寒川神社前の交差点です。

写真右手に自転車やバイクの駐輪場 奥側に自動車の駐車場があります。

寒川神社入り口です。

神社の参道の写真です。万緑ですね。

灯篭が左右に並べられており、背筋が伸びるような感覚でした。

境内入り口(神門)の写真です。

道路の中心は神様の通り道のため、中心からずれた場所から撮影しています。

寒川神社本殿です。「厳か」です。ただ静かに佇んでいる力強さを感じられました。

ひこうき雲と本殿です。寒川神社に訪れたことを祝福していただいたような印象でした。

このブログの写真は

筆者のファーウェイスマホ(HUAWEI P40 Pro)で撮影していますが、

このスマホにはパノラマ写真機能があるので使用してみます。

境内中心付近から撮影して

写真の左→→→右に向かって

南→西→北→東

とそれぞれ対応しています。

東西南北それぞれに社(やしろ)や門のような建物があり、囲まれていて神聖な雰囲気でした。

参拝者は本殿に集まっていましたが、

筆者は周辺を探索して

日本の国家の「君が代」の歌詞に示される

さざれ石と邂逅しました。

さざれ石はもう少し小さいイメージがありましたが、1mくらいはありました。

「君が代」は

巌がめちゃめちゃ大きくて、さざれ石が相対的に小石と思われるスケールだったのですね。

レストラン あおば

ちょうどお昼頃だったので

寒川神社参集殿に移動しました。

ここは冠婚葬祭が行われるような場所。

寒川神社参集殿の中の

レストラン あおば

和食料理や中華料理中心のメニューで価格帯は

一人1,000~3,000円ほど

筆者が注文したのは

野菜天丼定食(稲庭うどん付き)1,200円ほど

これが最高に美味しかったです。筆者が食べてきたチェーン店の天丼とは比較にならないです。

オクラやナス、きのこ(ちょっと種類はわからないです)、ワラビ、サツマイモなどの野菜と

エビの天ぷら。この天丼だけでも通常は高価だと思われるのに、セットで

秋田県名物「稲庭うどん」もこれまたおいしい。

セットというのがもったいない。これは十分主役級です。(単品もあったと思います)

これで1,200円は正直、良い意味でおかしい。

 

筆者は土曜日に訪れましたが、コロナ禍でお客さんが少なかったです。はやく収束しないかなあ。

ただ一つだけモノ申すとしたら2021年4月現在

 

残念ながら「クレジットカード」は使用できません…

おそらくクレジットカードが使えないなら、QRコード決済もできないと思われます…

現金を持って来てください。

 

さて、

寒川神社参拝後のお土産といったら

八福餅

「八」福餅と言いながら12個入っております。

中のアンコが甘すぎず、食べやすい。おいしいのは言うまでもありません。

実際にお土産で家族にあげたところ、とても好評でした。

水道記念館

次に水道記念館に移動しました。

ただ最初に筆者は「こっちのほうが近いやろ!」という考えで

青の経路で行ったところ

茅ヶ崎行 相模線と巡り合いました

が、この線路のため、水道記念館はこの経路では行けないことがわかりました。

黒の経路まで戻って

赤の経路が水道記念館に通ずる道になりました。

しかし、ここでもコロナウィルスの影響で水道記念館は

閉鎖しておりました。

まことに残念でした。2021年4月現在、再開時期は未定です。

コロナウィルスが収束したら、リトライします!

 

そして今回はここまでです。

次は違う時期に訪れて寒川町の別の風景を楽しみたいと考えております!

それでは

Go My Way ! HUAWEI !

最新情報をチェックしよう!