注目キーワード
  1. ファーウェイ
  2. スマホ
  3. OS

【調査】PCスキルに自信がない大学生71.2%いると判明 おすすめパソコン勉強法とは

こんにちは!yuyaです。

 

今回は

入社して3か月経つ(記事投稿時)

21卒新入社員が考える

大学生のうちに習得しておくと
役に立つパソコンスキルとは?
入社後にパソコン操作で苦労したくない方への
おススメのパソコン書籍とは?

将来の新入社員さんたちにおススメ!

わたしが心からそう思ったビジネス書やパソコンスキルを紹介します。

 

仕事をする上でほぼ必須になっているパソコンスキル。

様々なアプリケーションを使うわけですが、意外とその使い方を教わる場面って少ないですよね。

 

「Outlook触るの初めてです…」

 

わたしも現新入社員ですが、いまだにパソコンの使い方やアプリケーションに慣れるまであくせくしています。

今回は、大学生のうちにパソコンスキルを身に付けるための解説書を紹介していきます!

この記事の構成について

この記事では、

以下の4つのテーマに分けて

大学生向けにおすすめのパソコンスキルと関連する書籍を紹介します!

1.大学生のパソコン事情
⇒「ノートパソコン所有率や自信のなさのデータ」を紹介
2.Word/Excel/Powerpoint
⇒「特に使用率の高いアプリ」の紹介と関連する書籍の紹介
3.Google アプリケーション
⇒「知っておいた方が便利」というアプリと機能の紹介
4.タッチタイピング
⇒「底上げするパソコンスキル」を紹介
5.プログラミング
⇒「1~4が習得できたら簡単なプログラミングに触れるほうが良い」を紹介

パソコンスキルに自信のない大学生たち

この記事を読んでいる人の中には、大学生になって新しくパソコンを購入した人もいることでしょう。

現在、大学生の8割以上がパソコンを所持していることが調査で分かっています。
しかし、
7割以上の学生が「自分のPCスキルに自信がない」と答えています。

というデータが以下の通りあります。

 

2020年度版】大学生のSNS利用率・PCスマホ普及率アンケート調査結果(最長で10年分) | 株式会社カティサーク

カティサーク社【2020年度版】大学生のSNS利用率・PCスマホ普及率アンケート調査結果より

 

7割の大学生「PCスキルに自信がない」:スマホで十分 - ITmedia ビジネスオンライン

ITmediaビジネスonlineより

 

最近の大学生はスマホでレポートを書く」は本当か? “若者のパソコン離れ”の実態を調べてみた(1/3 ページ) - ねとらぼ

ねとらぼアンサーより

 

以上のように

普段からスマホでレポートを書いたり、エントリーシートを書いているためか

自分のパソコンを持っている方でも、パソコンスキルに自信がない方が多いものだと考えられます。

 

この記事では、そのような方向けに

大学生のうちに知っておいた方が

便利なアプリや機能、スキルを紹介します!

 

今身に付けておけば、

今後の大学生活でもレポート制作が速くなったり、

社会人になった際に仕事スピードが向上する

というメリットがあります!

 

大学生向け便利なパソコンスキル(Word/Excel/PowerPoint編)

Word

Wordとは文書作成ソフトのことで、簡単に言えば「超強化版メモ帳」です。

  • 報告書
  • 仕様書
  • 論文
  • メモ

などの作成に使われます。

 

基本的にWordで文書を作成する際は、

デザインを変えたり、見出しをつけることでいかに見やすくできるかという点が大事です!

 

仕事で使用する文書をいかに早く、

見やすく作成できるかどうかで会社からのあなたへの評価が変わってくるかもしれません。

 

大学生のレポート作成においても、

以下の紹介する書籍の「Word」スキルを身に付けておけば、

早く作成して残り時間を有意義に過ごせますよ!

 

筆者のおススメ!


前にTwitterでバズった本です!

筆者が実際に購入して

「Word」と「Excel」に関してはこれ一冊で十分!

と思った本です!

特に「Word」に強いです。

 

  • ショートカットキー
  • 辞書登録機能
  • 文字配置をスペースキーを使わずに行う

 

など

「Word」の体裁を整えたり、文字に関する入力を速くしたりすることが可能ですよ!

Excel

Excelとは「表計算ソフト」のことで、主に表やグラフを作成する際に用います。

 

仕事で使う際には、

  • 売り上げの集計や在庫管理
  • 年間売り上げの実測と予測
  • 顧客のデータの抽出

など

 

こういった作業はExcelの関数によって行われ、

このExcel関数によって数値を合計したり平均値、最大値、最小値などを自動的に算出することができます。

 

また、理系の人であれば使う機会が多いので知っている人もいると思いますが、

グラフの作成にも使用でき、折れ線グラフや円グラフ、散布図(傾向を分析する図)なども作成できます。

 

理系の方ならまだしも、

文系の方において

こういったデータの入力やグラフの作成をできない人は多く、会社に入ってからの研修や仕事で苦労する人が多いと言われているので、

時間のある今のうちに慣れておくことが必要です!

 

 

筆者のおススメ!

筆者のおススメ勉強法は

「MOS」の参考書を使用する方法です。

 

「MOS」というパソコンスキルの資格検定の参考書ゆえに

出題者が「最低限これは知っておいてほしい」と思っている内容が豊富に記載されているので、

効率的に勉強するには最適ですよ!

 

初歩の初歩からスタートするので、

段階を踏んで成長できます!必ずしも受験する必要はありませんよ。

理系の方でも、関数の使い方の復習に!

 

実際に楽天のレビューでも

1週間で合格しました

セルすら理解してない状態でスタートしましたが、勉強開始から1週間で合格しました!

特に模擬試験プログラムが素晴らしい。画面がほぼ本番の画面と同じなので本番でテンパることもないと思います。

知識ゼロの人間でも短期間で合格できたのでオススメです!Wordもやってみようかなー笑

と元初心者が初心者おススメと太鼓判を押していますよ!

 

PowerPoint

Powerpointとは「プレゼンテーションソフト」のことで、主にプレゼンテーション発表に用います。

 

プレゼンや研究発表などにPowerPointを使おうとする際に

いきなりPowerPointのスライドを作り始めている方はいませんでしょうか?

 

PowerPointの使い方は大学では教えてくれませんでした。

筆者も研究室の先輩方と比べて、クオリティーの低いPowerPointを作り続けて

「何とかしたい」と書店に行き、この本と邂逅しました。

 

筆者のおススメ!

PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則

 

 

PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則

様々なフレームワークを使用して、流れを作ってからPowerPointを作製する。

PowerPointのショートカットキーはもちろん、

PowerPointにおいて、どのような順序で資料を作成するかを体系的に解説しています。

 

12のステップのうち、本格的にスライドを書き始めるのは7~8ステップ目くらいです。

それほど下準備が大事であることを書籍の半分を使用して解説しております。

 

12のステップを具体的に解説するために

架空の「スポーツジムの集客をはかるというプレゼンスライドを

0から作製(考え方から)

しています。

 

迷うな。ルールはここにある

 

500ページ以上あるので

なかなか骨が折れそうになりますが、乗り越えた先には自信が身に付きます。

 

また購入者特典として、

本に掲載してあるスライドをダウンロードして自分のPowerPointに使えます!

 

今現在、この本の内容を知っておけば

卒業発表のスライドは、今までのスライドとは雲泥の差になるかもしれません。

 

新社会人になった筆者も参考書代わりとして、ときどき読み返しています。

新大学生にもおススメしたい書籍の一つです。

 

大学生向け便利なパソコンスキル(Googleアプリケーション編)

 

 

Googleアプリケーション(Google workplace)とは

Google社が提供する「便利ツール」で、

Word/Excel/PowerPoint/マップ/クラウド

などの機能が無料で使用可能です!!

 

Googleのアカウントを持っている人であれば誰でも無料で使えます。

持っていない方は以下のリンクを参考にしてください。

 

ソフトバンク

ソフトバンクのサポートのページです。 製品・サービスに関するサポート情報や通信障害、メンテナンス情報などをご紹介します。…

(ソフトバンクでなくとも同様の操作です)

 

 

Google アカウントは、多くの Google サービスへのアクセスに使用できます。Google アカウントを使用する…

(パソコン用です)

 

Googleアプリケーション使い方

まずGoogleを開いて、右上の点の集まりみたいなところをクリックします。

 

そして、ドライブという項目をクリックすればマイドライブというページに飛びます。

 

行き着いたページで右クリックをすると、

Google ドキュメント/スプレッドシート/スライドを使うことができます。

 

 

また下にスクロールすると

直接

Google ドキュメント/スプレッドシート/スライド

開くことができます!

 

 

 

Nyanko
具体的にGoogle ドキュメント/スプレッドシート/スライドって何が便利なの?

 

大きな特徴としては、

  • パソコンでもスマホでも編集できる
  • 複数人での同時編集ができる
  • 無料(ここ大事)

 

という3点です。

 

パソコンでもスマホでも編集できる

スマホのアプリで「Googleアプリ」を入れておけば、

文書がクラウド上に保存されるため、インターネット環境さえあればいつでも編集可能です。

 

よって

パソコンが使えない電車の中などで作業をしたいときはかなり役に立ちます。

 

複数人での同時編集ができる

これがGoogle アプリケーションの売りと言えるメリットです。

ドキュメントの公開範囲を設定することで、他の人と同時に文書の編集ができます。

 

たとえとして

Googleスライドを複数人での同時編集する方法を見てみましょう。

 

ここではグループを形成していない状態という仮定で話を進めます。

Google スライド

 

新規追加をクリックすると以下の画面が出現します。

右上に「共有」(黄色のボタン)があるので、クリックします!

 

「名前を付けてください」画面が出現するので、

適切に名前を付けて、保存します。

 

  • ユーザーやグループと共有
  • リンクを取得

ウィンドウになるので、

リンクを知っている全員に変更をクリックします。

 

下の写真の画面に変わるので、

閲覧者をクリックしましょう。

 

 

プルダウンに

  • 閲覧者
  • 閲覧者(コメント可)
  • 編集者

と現れるので、編集者をクリック。

 

そうすると

「リンクを知っている全員」が編集できる状態になるので、

リンクをコピーして、チャットなどに張り付けます!

共有したいメンバーが

このリンクを踏むと、共同で編集できます!

 

共有したいメンバー以外にはリンクを送らないでください!!

プライバシーやコンプライアンスが他者に侵害される危険性があります!

 

Google スプレッドシート

Excelの説明と重複するので割愛します。

同様に共有して編集できます!

 

Google ドキュメント

Google ドキュメントも

同様に共有して編集できます!

 

ここではタイピングスピードにかかわらず、

高速で文字入力する方法を伝授します!!

 

音声入力

 

 

空白を選択します。

 

 

表示された文字入力モードにおいて、

ツールをクリックすると

 

 

色々出てきます。

「音声入力」が中央下にあるので、クリックします!

 

 

 

すると、最初の文字入力モードに

マイクアイコンが出現!

 

 

クリックすると、音声を受け付けるので

文字入力したい言葉をしゃべってください。

入力されていきますよ!

 

8~9割くらいの入力精度だと感じます!

優れモノ!!

 

ちなみに英語の文章を音声入力する際は、日本語モード「日本語▼」

から英語モードに変更してくださいね。

 

 

以上の通り

  • パソコンでもスマホでも編集できる
  • 複数人での同時編集ができる
  • 無料(ここ大事)

ということを説明しました。

(無料なものは無料なので、説明しようがありませんでした。)

タッチタイピング

 

新入社員になってから痛感しますが、

本当に

タッチタイピング(ブラインドタッチ;キーボードを見ないで文字を入力すること)

は習得しておいたほうが良いかと。

 

打つスピードが2倍になれば、単純に作業スピードも2倍になりますからね!

Nyanko
Google ドキュメントの音声入力すればいいじゃん!

 

 

会社のパソコンのセキュリティの固さを留意していない発言です。

 

テレワークで会社のパソコンを使用する際には、おそらく

セキュリティの関係でGoogle ドキュメントなどは使用できないと思います。

 

 

今から練習しておきましょう。

 

 

大丈夫。

筆者も入社前の3月に練習して、そこそこタッチタイピングできるようになりましたから。

 

筆者は

「ひよこでも出来るタイピング練習講座」で習得しました。

タイピング練習の「マイタイピング」

タイピング練習の定番「ひよこのタイピング」です!タイピング(タッチタイピング、ブラインドタッチ)の練習方法の解説と、基礎…

 

「お金の大学」の作者:両学長も

ゼロから学ぶITスキルの一つとして、タッチタイピングが紹介されています!

 

「お金の大学」は

ビジネス雑誌「プレジデント」にも掲載されました。


筆者が述べてきたITスキルは

同様に20代におススメのスキル7選の一つとして紹介されています!

 

またITスキル以外にも

簿記会計のスキルもおすすめされています!

 

簿記2級はひろゆき氏も絶賛しております!

 

筆者も取得しました。
関連記事

こんにちは!yuyaです。   簿記3級の勉強開始から合格まで その間わずか3週間!!     今回は、 筆者が3週間で合格するにあたって使用した教材や勉強方法、 […]

関連記事

こんにちは!yuyaです。   簿記2級の勉強開始から合格まで その間わずか1ヶ月!!     今回は、 筆者が1ヶ月で合格するにあたって使用した   […]

 

プログラミング

パソコンを深く知りたいのならプログラミングは必須です。

 

深層学習や自動化など

自分がコードを書けなくても世の中の流れに触れることは大事です。

(先ほどの両学長の動画参照)

 

ファイルやフォルダの違い、階層、共有など

プログラミングをすることでさらに知識を深めることができますよ!

 

筆者も

現在の会社に入る前にPythonをちょっとかじって

入った後に業務に使用するので、C言語を勉強中です。

 

一度何かのプログラミング言語を学ぶとほかの言語にも応用が利きます!

 

プログラミングとは?から始めるには

プロゲートがおススメです!無料!(回し者ではありません)

Progate

Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。…

 

IT系ならプログラミングはほぼ必須で、

IT系以外ならプログラミングを学んだら頭一つ抜きん出ますよ!

 

ひろゆき氏もPythonを勧めております!

 

 

筆者がPythonでコーディングしたプログラムです!

こんな感じで一度作ってしまえばラクができますよ。

 

Pythonのおススメの本

筆者も持っております!上のコードもこの本の内容をもとに作成しました。

まとめ

社会人になってからも役に立つスキルばかりだけでなく、

大学生のうちにもすぐに役に立つスキルを紹介してきたので、

これらのパソコンスキルは身につけておいて損はないでしょう。

 

こういったパソコンスキルはできない方が多いと思われるので、

習得するだけで差をつけることができます。

それでも自分のために習得するのですけれども。

 

この記事を読んだその日から1つでも取り組んでみましょう!

 

またこれから新入社員になる方に

おススメの本も紹介しています!

関連記事

21卒新入社員が選ぶ、22卒新入社員向け おススメの本 21卒新入社員による、これから新入社員になる みなさんのためへのおススメの本   こんにちは!yuyaです。 新入社員 内定も[…]

 

それでは!

最新情報をチェックしよう!