注目キーワード
  1. ファーウェイ
  2. スマホ
  3. OS

【HUAWEI Band 6】TarzanのHUAWEI Band 6記事をファーウェイガチ勢の筆者がレビューした件【最高】

こんにちは!yuyaです。

HUAWEI Band 6のレビュー記事のレビュー記事

今回のターゲットは

Tarzan

Tarzan Web(ターザンウェブ)

各社からスマートウオッチ、バンド製品が勢揃いするなかで今選ぶとしたら? 気になる健康キーワード「血中酸素レベル(※1)」…

筋トレジャンルで有名な雑誌ですね!

 

筆者も大学生時代によく読んでおりましたよ。

トレーニングジムにTarzanがありました。

そのおかげか今でも体脂肪率9~11%をキープしている….ということは置いておいて

 

その筋トレ界隈トップクラスの

HUAWEI Band 6

レビュー記事はどうなんでしょうか。

やはり筋トレと絡めてくるのか!?

 

HUAWEI Band 6

の週刊アスキーおよびケータイWatchレビュー記事のレビュー記事はこちら

関連記事

こんにちは!yuyaです。 ファーウェイウェアラブルの一種 HUAWEI Band 6 が4月下旬に発売されました。 このHUAWEI Band 6レビュー記事があの 週刊アスキー [blogcard url=https://[…]

関連記事

こんにちは!yuyaです。 HUAWEI Band 6のレビュー記事のレビュー記事 今回のターゲットは ケータイ Watch 言わずと知れた、超ド級ガジェットブログです。 [blogcard url=https[…]

 

いやはや、今回はどのようなHUAWEI Band 6記事が登場するのかな?

HUAWEI Band 6レビュー記事引用

最初にはっきりと言っておきます。

今までのHUAWEI Band 6レビュー記事

最高にいい。

 血中酸素レベルを24時間365日モニタリング。《HUAWEI Band 6》ならウェルネスの質が上がる

やはり筋トレジャンルとあって

血中酸素濃度をトップに持ってきた!

こいつはやるぜえ

 

そしてダイレクトに「ウェルネスの質が上がる」と断言!

今までのレビュー記事は断言を避ける

伝聞・推定の文ばかりでしたからね。

 

実際に使用しているのでは…?

筆者の期待も高まります。

 

各社からスマートウオッチ、バンド製品が勢揃いするなかで今選ぶとしたら?

気になる健康キーワード「血中酸素レベル」が本格的に計測可能となった《HUAWEI Band 6》、

そして《HUAWEI WATCH GT 2 Pro》があなたのウェルネスの質を上げる。

ここでも断言!

アニキ、気前が良いぜ!

 

自分の感覚とデータを照らし合わせて、穏やかにワークアウト。

血中酸素レベル(※1)は機械による誤差を見積もっても95~99%が正常値とされる。しかし、体内の酸素が足りていない酸欠寸前の状態でも血中酸素レベル(※1)の数値には現れにくいとも言われるので、

たとえ95%程度のスコアでも、運動を開始して呼吸がとても荒くなっていれば運動はすぐにやめるべき

どんなにカラダの調子がいいと感じても、データが自分の基準値から3〜5%下がっているような数値であれば、日頃のトレーニングも負荷を軽減してスタート。

データだけに囚われず、あくまでも自分のカラダの声を聞きながら調整していく。

筋トレと血中酸素濃度と絡めてきたぜ!

最高のパスタとソースが出逢ってしまった感覚!

(ちょっと何言ってるかわからない)

この調子で続けてくれよ~アニキ!

 

HIITなど特に負荷の高いワークメニューをこなしていれば、簡単にデータを読み取りたいし、天候など状況によって画面が見えづらいのはストレスになる。

〈ファーフェイ〉はこれまでもディスプレイの視認性の良さ、スワイプやフリックといった操作感度は良かったが、

《HUAWEI Band 6》では画面表示領域が148%拡大し、画面占有率も42%向上(※HUAWEI Band 4 Proとの比較)。

Tarzanのライターが書いているので、トレーニング目線でガジェットを語ることができる。

まさに1文目(HIITなど特に負荷の高いワークメニュー~)はライターというよりは

トレーニー(トレーニングする人)目線で語っている点が素晴らしい。

 

また

日本で販売されているHUAWEI Band 4 Proと比較している点、Great!

「ケータイWatch」ブログでは日本で売っていないHUAWEI Band 5と比較してきたからな…

ここ、最高ポイント1(実際に装着)

これまで個人的にウェアラブルでは、表示される情報量からしてもウォッチ型一択と思っていた。

しかし、この《HUAWEI Band 6》では着替える時に衣服にひっかかりもなく脱ぎ着がしやすいことから始まり、装着していることを感じさせないサイズ感で超軽量(なんと18g!)

そして肌触りまでアクセサリーとして肌身離さず“義務感なく”身につけていられるメリットを強く感じた。

実際に装着しているぜ、アニキ!!

ほかのレビュー記事だと

伝聞・推定ばかりで

装着した感想が皆無だったから。

 

ここ、やはり読者が知りたいポイントは装着感ですよね。

ここ、最高ポイント2(読者の生活リズム)

1日の振り返りに時系列グラフで眺めるストレスチェックも単なる数字だけを見るのではなく、その日にあった成長の証として捉えればもうけもの。また楽しかったことを思い返すためのトリガーとしてだって活用できる。

イラついていたと思っていた日中の商談でもストレスチェックでは、意外にもリラックス状態。嫌だと思っていたことも、そうではなかったという気付きはスポーツやビジネスの場でマインドセットにもつながる。

そういったデータの読み解きから一日を締めくくるには、デフォルトメニューにある「呼吸エクササイズ」が睡眠導入の儀式として面白い。

非常に良い

Tarzanの読者は

サラリーマンでトレーニングしている方中心なので(実際に読んでいたからわかる)、

そのサラリーマン生活に合わせてレビューしている点が素晴らしい。

 

《HUAWEI GT 2 Pro》レビュー記事引用

このHUAWEI Band 6のレビュー記事のなかに

HUAWEI GT 2 Proのことも記載されているのですが、

 

ON⇄OFFに着回せる、オールシーンに万能な《HUAWEI GT 2 Pro

HUAWEI GT 2 Proレビュー

はちょっと蛇足感がありましたね…

 

実際に装着している風の文章ではなかったので、ここは

HUAWEI Band 6一点集中でよかったのでは。

まとめ

またこれらの

  • 血中酸素濃度データ
  • 運動データ
  • 睡眠データ

を収集・分析・管理するのが

スマホアプリ HUAWEI Health 

だということも記載済み!

 

教えて

アルプスの少女ハイジのおじいさん、

どうしてTarzanのグーグル掲載順位が

他のレビュー記事よりも低いんですか

 

 

今回はGood pointばかり言っていましたが、

Tarzanさん

今後とも

ファーウェイ製品をレビューしてください!

よろしくお願いします!

TARZAN! TARZAN!

 

それでは

Go My Way ! HUAWEI !

最新情報をチェックしよう!